私たちのサービス

研修スケジュールはこちら

衛生管理者試験対策講座

安全教育支援サービス一覧へ

この講座の特長

通学と通信のイイトコ取りで、受講者が最高の状態で受験できるよう、お手伝いします。

POINT 1オリジナルの添削課題を使用

単なる過去問題ではありません。出題傾向の分析を重ねたオリジナルの課題を使用しています。
講義学習だけでなく、実戦でも通用するよう、本試験と同じ形式の添削課題で場慣れすると共に、講義で網羅しきれない「最近の傾向」を学びます。
添削課題はFAXで即日返却ですから、間違いを直ぐに思い出せ、効率よく学習を進められます。

POINT 2本試験まで短期集中のスケジュール

講義から本試験日までの日程が開きすぎると、合格率は下がる傾向にあります。
この講座は、2日間の生講義プラス計5回の添削課題を、試験日まで最短で10日、平均14日前後で合格を目指します。事前学習は一切必要ナシ。全カリキュラムが終了した勢いで、本試験を受けるスケジュールを組みます。

POINT 3絞り込まれた学習範囲

受講する生講義は、ポイントをおさえたテキストを使用し、試験合格に特化した内容となっています。
この講義を2日間受講した後、添削課題をこなします。

受講料(消費税込)

種別 フルパックコース 講義コース
第1種 37,000円 27,000円
第2種 35,000円 25,000円
団体コース第1種 34,000円 -
団体コース第2種 33,000円 -

※1名様あたりの金額。団体受講は25名様以上で実施。全国に出張いたします。
 内容はフルパックに準じます。
※25名様未満の場合は、別途お見積いたします。

日程/お申し込み方法

日程

下記PDFファイルにてご確認ください。

日程・スケジュール表(PDF)

受講までの流れ(受験したい時期が決まったら・・・)

  1. 本試験日の確認

    安全衛生技術試験協会のHPより、本試験日と申し込み状況の確認をお願いします。

  2. 対策講座の日程確認

    日程表より、受験したい日と講義受講日を確認し、マッチしたスケジュールがありましたら、受講申込書をFAXあるいはメールにて送付してください。

  3. 対策講座受講日決定

    社でお客様の受講申込書を確認し、講座の空き状況等をご連絡します。
    定員に達している場合は、別スケジュールをご提案いたします。

  4. 本試験の申し込み

    安全衛生技術試験協会へ受験希望日にて受験申請をお願いいたします。
    ※人気試験のためすぐ定員に達してしまうため、早めの受験申請をお願いいたします。
    (※2ヵ月前より受付可能です)

  5. 本試験の受験日

    10日前後で受験票が返送されてきます。希望した受験日が取れなかった場合はご連絡ください。
    別スケジュールをご提案いたします。

  6. 対策講座の準備

    受講開始日の3~4日前までに、受講証と添削課題を宅急便にて送付いたします。

  7. 対策講座スタート

    生講義のスタートです。2日間で充分学習し、知識を身につけます。(インプット)

  8. 添削学習スタート

    次は添削課題です。生講義で受講した内容も含め、本試験攻略のための力を高めます。(アウトプット)

  9. 試験

  10. 合格

受講申込書

下記PDFファイルにてご確認ください。

受講申込書(PDF)

合格者の声

解答してFAXを送ったその日に添削してくれるので、間違いがすぐに修正でき、反復した勢いで本試験がうけられたので合格することができた。

講師のコメントを励みに勉強しました。その通りにやったら合格できた。

試験範囲が広いので不安だったが、講義で覚え方を教わり、添削課題でそれを繰り返すことができたので、試験に自信をもって望めた。

忙しくじっくり机に向かっていられなかったので短期集中講座を選んだが、丁寧な採点とコメントで一つ一つ解決していき試験を受けることができたのがよかった。

受験申請に関するよくあるご質問

受験申請はどうしたらいいの?

受験申請書は、お近くの労働局、または労働基準監督署にて配布しています。弊社では受験申請は行いません。

定期と出張講義はどう違うの?

定期講座 1名様単位で受講できます。お客様が会場に出向いて受講します。
2日間実施で、9:30~16:30まで。
この講座に添削をつけたものが「フルパックコース」になります。
出張講座 お客様の希望場所へ出張して講義を実施します。
こちらは全て添削つきです。
2日間実施で10:00~19:00まで。
定期講座の内容に、問題を解く時間をプラスしますので、
より充実した内容です。

受講証はいつもらえるの?

定期講座 お客様からのお振込が確認できましたら、郵送にて送付いたします。
フルパックの場合は、受講証と添削課題を講座開始の3日前までに、宅急便にて一括送付します。
出張講座 受講証は発行しません。受講者名簿にて確認いたします。
名簿フォームは弊社よりご提供しますので、受講者データをお客様にご記入いただきます。(受講者データとは、氏名、連絡のとれる電話番号、FAX番号等。個人情報保護は、弊社規定に基づきます)

教材はいつもらえるの?

当日会場にて、テキスト等を配布します。
添削課題は、講座開始の3日前までに宅急便にて送付します。

FAXがない場合はどうするの?

会社にもFAXがないという場合は、PCへメールによる返信も可能です。
FAXもPCもない場合は、郵送にて対応します。

事前に添削課題はもらえないの?

予習よりも、習ったことの復習が大切です。従って、できるだけ受講開始の直前(3日前くらいまで)に送付します。講座期間中は、集中していただきます。

日程表に該当するスケジュールがない場合は?

受験日にできる限り合わせたスケジュールをご提案しますので、ご連絡ください。

受験申請について

受験申請書

受験申請書は、お近くの労働局、または労働基準監督署にて配布しています。弊社では受験申請は行いません。

受験資格

  • 大卒の場合は、卒業後1年以上の労働衛生実務の経験がある者。
  • 高卒の場合は、卒業後3年以上の労働衛生実務の経験がある者。
  • 10年以上の労働衛生実務経験がある者。

受験申請に必要なもの

申請書の他に、本人確認証明書、事業者証明書、卒業証明書、顔写真が必要になります。

本人確認証明書 運転免許証のコピー、健康保険被保険者証のコピーなど。
住民票は原本(コピー不可)となりますのでご注意ください。
事業者証明書 受験申請書の中に添付されています。本人に受験資格があることを事業者が証明するものです。本来は「丸印」(職印)が必要になりますが、ない場合は、角印と責任者直筆の署名と押印で代用できます。
派遣の場合は、派遣元の事業者印で作成してください。
卒業証明書が
必要になる場合
大卒の場合は、卒業後1年以上の労働衛生実務の経験。
高卒の場合は、卒業後3年以上の労働衛生実務の経験。
10年以上の実務経験があれば、大卒も高卒も卒業証明書は不要。

受験料

1種も2種も6,800円です。

受験申請の期間

郵送の場合→受験日の2ヶ月前から14日前(消印)まで。
人気の試験ですので、1ヶ月前でも定員に達することが多いので、早めの申請が必要です。
センター窓口へ直接持参の場合は、休日を除く2日前まで。
定員に達したときは、第2希望日になります。

※詳細は全て、受験申請書に記載されています。

各試験センター連絡先

北海道安全衛生技術センター 北海道恵庭市黄金北3-13 0123-34-1171
東北安全衛生技術センター 宮城県岩沼市里の杜1-1-15 0223-23-3181
関東安全衛生技術センター 千葉県市原市能満2089 0436-75-1141
中部安全衛生技術センター 愛知県東海市加木屋町丑寅海戸51-5 0562-33-1161
近畿安全衛生技術センター 兵庫県加古川市神野町西之山字迎野 079-438-8481
中国四国安全衛生技術センター 広島県福山市新涯町2-29-36 084-954-4661
九州安全衛生技術センター 福岡県久留米市東合川5-9-3 0942-43-3381

TOP